外国人技能実習機構(OTIT)が、6月1日付けでベトナムの大手送出し機関5社

からの実習生の新規受入を停止する方針を、技能実習生を所管する

「ベトナムの労働・傷病兵・社会問題省の海外労働管理局」(DOLAB)に文書で

伝えた。との記事が朝日新聞に掲載(6/13)されました。

理由は、OTITはDOLABから送出し機関の派遣者数(2018年)のデータを受け、

日本の受入先企業から提出される各実習生の実習計画に記載された送出し機関を特定し、

その上で、18年と19年の合計の失踪者数の割合が平均の約3倍を超えていた事が

理由とのこと。

平均値の3倍を超えているというのは、何か相当な深い闇があるのではないか?と思って

しまいますね💦

本来実習生に対し認められていない手数料を徴収したりし、借金額が大きくなり、早く借金を

返そうと、実習先から失踪し、闇の仕事へ・・・・・・

全ての送出し機関がこの限りでは無いですが、送出し機関の構造的な問題解消が必要と思われる

記事でした。