外国人就労支援の組合です。関東経済産業局 関東運輸局 関東地方整備局 東京都 認可

弊組合の「新型コロナウイルス感染症」対策について

第1回目のブログとなる今回、タイトルにも書かせていただいた、新型コロナウイルス禍における、弊組合の対策について書かせていただきます。

最初の緊急事態宣言が発令された2020年4月7日の翌日、全職員参加でのコロナウイルスに関する会議を行い下記事項の決定をいたしました。

・職員を2グループに分け、事務所内の密を避けるため、1日置きの出社

・電車への乗車を避けるべく、近隣に住んでいる職員で車に乗りあっての出勤(もちろん窓を開け、マスクも着用)

・自転車通勤が可能な職員は自転車通勤

・首から下げる空間除菌の義務化(入手出来次第)

・昼食時の外食禁止

・手洗い、うがいの徹底

・手指の除菌

・1日3回の検温

・定期的な換気

他にも細かい取り決めはありますが、主だったところは上に記した事項を徹底し、現在に至るまで、職員および家族においての感染者は出ておりません。

一部については除外したものの、ピークを過ぎた後も、昼食時の外食禁止、手洗いうがい、手指の消毒、検温、換気は継続しており、3月21日に弊組合

の所在地である東京を含む1都3県の緊急事態宣言再発令が解除されましたが、今後においても、未だ東京都で256人(3/21)の感染者が出ている事

を鑑み、対策を継続し、お取引して下さっている企業の皆様、希望を持って日本で技能を修得している実習生に、我々から感染させることがなきよう、職員

一同気を緩めることなく、対策を徹底して参る所存でございます。

 

最後に、未だ出口が見えておりませんが、皆様、どうかご自愛ください。