外国人就労支援の組合です。関東経済産業局 関東運輸局 関東地方整備局 東京都 認可

入国制限緩和!

政府は8日、新型コロナウイルスの感染拡大で原則停止していた海外からの入国について、制限緩和策を適用し、

ビジネス目的での滞在はワクチン接種などを条件に入国後の待機を最短3日間として、

留学生や技能実習生の入国も条件付きで認めるそうです。

やっとですね!!!

下記に、各国の緩和状況もご紹介します。

 

〇オーストラリア 11月1日から緩和
オーストラリアでも、11月1日から最大都市のシドニーを含む一部の州や都市でワクチン接種を条件に入国後の14日間の隔離が免除されました。
帰国した自国民と、駐在などのために特別に入国を許可された外国人が対象です。

オーストラリアは新型コロナ対策として、去年3月から外国人の入国を厳しく制限していますが、シドニーのあるニューサウスウェールズ州のエアーズ雇用・投資・観光相は、空港で記者団の取材に応じた際に「観光客の受け入れ再開も遠くないだろう」と話し、今後、観光客や留学生の受け入れも段階的に進めていきたいとの考えを示しました。

〇シンガポール
ワクチン接種を終えた観光客やビジネス客を対象に隔離なしで入国を認める制度をアメリカやイギリスなど10か国との間で実施していて、今後さらに対象を広げる予定です。

〇インドネシア
インドネシアは去年4月以降、観光目的の外国人の入国を認めていませんでしたが、リゾート地のバリ島とリアウ諸島に限り受け入れを再開すると10月14日に発表しました。
日本や中国など19か国からの観光客で、ワクチン接種を終えていることや、入国後5日間は自己負担で隔離を行うことなどが条件になっています。

〇インド
11月15日から外国人観光客の受け入れを本格的に再開する方針です。

マレーシア
11月15日からランカウイ島に限ってワクチン接種を終えた外国人観光客を隔離なしで受け入れると発表しています。