外国人就労支援の組合です。関東経済産業局 関東運輸局 関東地方整備局 東京都 認可

ベトナム大手送出し機関5社からの実習生受入停止

外国人技能実習機構(OTIT)が、6月1日ベトナムの大手送出し機関5社からの技能実習生

の新規受入れ停止とする方針を、技能実習生を所管する

「ベトナムの労働・傷病兵・社会問題省の海外労働管理局」(DOLAB)に文書で伝えた、

との記事が朝日新聞(6/13)へ掲載されました。

理由は、OTITがDOLABから送出機関の派遣者数(2018年)のデータを受け、日本の

実習実施者(受入企業)から提出される各実習生の「実習計画」に記載された、送出機関

を特定し、その上で18年と19年の合計の失踪者数の割合が平均の約3倍を超えていた

事が理由だそうです。

平均値の3倍も失踪しているとなると、深い闇を感じざるを得ないですね💦

実習生から本来受取ってはならない不当な手数料を徴収し、実習生の借金が過大となり

日本へ入国後、早く借金を返したいとの思いから失踪し闇の仕事へと・・・

と、考えてしまったり💦

いずれにしても、全ての送出し機関がこの限りではありませんが、送出し機関の構造的な問題

解消が必要と思われるニュースでした。