外国人技能実習制度とは?

2017-11-20

外国人技能実習制度の概要

技能実習制度は、最長5年の期間に於いて、技術・技能・知識を雇用関係の下で実習を行い、実践的且つ、実務的に習熟する事を内容とするものです。
諸外国の青壮年労働者等を日本に受け入れ、日本の産業・職業上の技術・技能を習得してもらい、自分の職業生活の改善や諸外国(母国)の産業、企業の発展に寄与する事を目的とした公的な制度です。
この精度を活用することで、若くて優秀な人材の確保が可能となり、生産性の向上や経営改善が出来るチャンスでもあります。
 

技能実習生受入れ制度について

外国人技能実習生受入れに長年のノウハウの蓄積があります。

開発途上国等では、人材育成を主とする観点から、未来の自国を背負って立つ青壮年達に自国の経済の発展と産業振興の担い手となる為に、先進国の進んだ技術、技能や知識を習得させたいという考えがあります。
このような考えに対応する為に、日本の産業界が開発途上国の青壮年を一定期間受け入れて、日本が持つ技術、技能等を人間形成を通じて習得してもらう仕組みが「外国人技能実習制度」です。この制度は、開発途上国の青壮年へ技術・技能移転を図り、諸外国の経済発展を担う人材育成を目的とした、日本が行っている国際協力、国際貢献の重要な制度です。

 

 

技能実習生受入れ可能人数について

 

※弊組合は管理団体の許可を得ておりますので3~5年は新制度が適応されます。